食べ歩きが好きな人におすすめ!飲食店の覆面調査員

ミシュランやそのほかのグルメガイドにはお店の格付けが掲載されていることがあります。その他にも飲食店のチェーン店が普段のお店の状態を確認するために調査を行うことがあります。そのようなときに覆面調査員の存在が話題になりますが、一体どのようなアルバイトなのでしょうか。

覆面調査員はお店からの依頼などを受けた業者がお店の料理の質やスタッフの接客態度、店内の清掃状態などを調査します。

それが覆面調査員のアルバイトの仕事内容です。調査の際にはコソコソしてると怪しまれるので、目立たないようにTシャツなどのラフな服装が好ましいです。スーツを着て会社員のような装いで行くのもいいでしょう。覆面調査員はマニュアルに従って動くことになります。調査前にはマニュアルを確認しておくことが必要です。お店に入る前には外観の写真を撮影し、入ってからも内装を撮影します。お店で注文するメニューは決まっており、指示通りに注文します。料理やドリンクが運ばれてきたら料理やドリンクの写真を複数の角度から撮影します。撮影するときのコツとしては、「おいしそう!」などどSNSに料理の写真を上げるために撮影する客を装って撮影すると怪しまれません。その他にもスタッフの接客や料理が提供されるまでの時間やトイレまで清掃が行き届いているかを調査し、それらをまとめてレポートにして提出です。レシートは調査したことの証明になるので、その画像も添付しましょう。

レポートの内容は詳細に記さなければなりません。

例えばスタッフの接客態度に対してはただ「よかった」ではなく「○○さんの接客はお辞儀のときに背筋が伸びていて好感が持てた」などとスタッフ名まで具体的に記す必要があります。料理の感想も「不味い」だけではなく、「塩気が足りなかった。もう少し塩気があっても良い」など具体的なコメントと悪かったときの改善点もレポートに含める必要があります。

飲食店の覆面調査員のアルバイトは報酬は高いとはいえませんが、食べ歩きが好きな人にはおススメです。

注文するメニューは決められているものの、飲食代は会社から支給され無料になるため、食べ歩きが好きな人にはおススメのアルバイトです。色々なお店を巡ることで飲食店の情報に詳しくなれます。