有利!ガソリンスタンドのアルバイトでもあると嬉しい資格とは?

有利!ガソリンスタンドのアルバイトでもあると嬉しい資格とは?

ガソリンスタンドでアルバイトをする際には、無資格でも問題なく働くことができます。実際、アルバイトのほとんどが資格を持っていません。
しかし、じつは持っている事で採用率が上がったり、時給アップにつながる資格もあるのです。今回はガソリンスタンドのアルバイトの際に持っていると便利な資格をご紹介します。

危険物取扱者

ガソリンスタンドで販売されているガソリン・灯油・軽油は、消防法で定められている「火災の危険性が高い物質」です。そのため、取り扱う際にはこの資格を持っている人がガソリンスタンドに必ずいなければなりません。
正確には、ガソリンスタンドで優遇されるのは「危険物取扱者 乙種第4類」です。この資格者がガソリンスタンドに常駐することで、無資格のアルバイトもガソリンを売ることができるようになります。
特にここ数年前から増えているセルフスタンドでは優遇されており、求人に応募する際に持っていれば採用される確率が高くなります。

自動車整備士

数年前からガソリンスタンドは次々と減っています。そんな中で生き残ろうと、ガソリンスタンドも様々な差別化をはかっています。その一つが、整備工場併設のガソリンスタンドです。車の整備やタイヤ交換、エンジンの点検などができるガソリンスタンドを見たことはありませんか?
そのようなガソリンスタンドならば、自動車整備士の資格を持っていると非常に便利です。特に自動車整備士2級以上であれば、重宝されることは間違いないでしょう。

自動車検査士

ガソリンスタンドの差別化の一つに、車検対応可能のガソリンスタンドがあります。そのようなガソリンスタンドならば自動車検査士の資格があると採用されやすくなることでしょう。
自動車検査士の資格は自動車整備士2級以上の人で、整備主任者として1年以上実務経験を有していると習得が可能です。
車検は定期的に行わなければなりませんが、仕事などで忙しいため近場のガソリンスタンドで済ませたいと思っている方も少なくありません。その為ガソリンスタンドでの車検は一定のニーズがあり、自動車整備士の有資格者は多くのガソリンスタンドで求められているのです。
以上がガソリンスタンドのアルバイトの際にあると便利な資格です。これらの資格はアルバイトの採用のみならず、正社員への採用時にも武器になります。是非有効に活用しましょう。