掛け持ちアルバイト気をつけること

 
アルバイトは、正社員と違って簡単に始めることが出来、比較的簡単に辞めることも可能です。そのため、色々な仕事を経験してみたいと感じる人も少なくはありません。
また、1つのアルバイトだけだと、どうしても希望したシフトに入ることが出来ず、
もう一つアルバイトをやることで収入をカバーしようなんて思う人もいます。
掛け持ちのアルバイトは、便利な反面両方のバイト先に迷惑をかけることもあります。
今回は、掛け持ちアルバイトで気をつけるべきことは何かをみていきましょう。

バイト先に迷惑をかけないため、気をつけるべきこと

 
掛け持ちアルバイトで気をつけるべきことは一体どのようなことなのでしょうか。
いくつかのポイントがあります。

1、 掛け持ちしていることを伝える
掛け持ちをしているということを伝えずに働いている人も少なくはありません。
場合によっては、お店に掛け持ちしていることを伝えづらい状況下に置かれている人もいるでしょう。しかし、黙ったままで何とかなると思ったら、それは大きな間違いです。
掛け持ちしていることをしっかりアピールしましょう。

2、無理なシフトを組まない
例えば、17:00にAというバイト先の仕事が終わり、18:00からBのバイト先で勤務開始
移動時間は約30分みたいなスケジュールを組んだとします。しかし、このようなスケジュールはとても危険と言えます。残業をするバイト先もありますし、移動手段によっては遅刻してしまうことがあります。そのため、1日で2つのバイトをする際はスケジューリングにも気をつけておきましょう。

3、 違う職種のバイトを選ぶ
たまに、コンビニの2店舗掛け持ちバイトをしている人もいますが、あまり良いとは言えません。色んな仕事を経験してこそ、掛け持ちアルバイトの醍醐味であると言えます。
そのため、全く別の職種のバイトを選ぶようにしておきましょう。待遇があっちが良いからといって、同じ業種のものを選ぶのはナンセンスです。

まとめ

 
掛け持ちアルバイトは、うまく活用すればあなたにとって、とても良いものであると言えます。しかし、両方のバイト先に迷惑をかけてしまう可能性も秘めています。
大切なのは、バイト先に迷惑をかけないようしようとする姿勢です。
この姿勢をしっかり持っておけば、両方のアルバイト先に迷惑をかけるということはありません。掛け持ちのバイトをやりたいなと思っている方は、このようなポイントに気をつけた上ではじめてみてはいかがでしょうか。