アルバイトを選ぶ基準

 
アルバイト先を選ぶ理由は、誰もが何かしらの理由を持っています。
理由は、人によって様々です。何となくという理由で選んでも構いませんが、その選び方だと、バイト先で実際に働いた時、こんなはずではなかったな〜と感じてしまうことがあります。
アルバイトを選ぶ時には、いくつか設けておきたい基準があるのです。
そして、その基準には必ず良いところと悪いところがあります。
そこで、今回は、様々なシチュエーションからバイト先を選んだ場合の良いところ悪いところを見ていきましょう。

状況別アルバイト選択基準

 
それでは、具体的に様々なシチュエーションで考えた場合の基準をみていきましょう。

1、時給で決める
時給でアルバイト先を決める人は圧倒的に多いのではないでしょうか。
もちろん、働いている人誰もが良い条件で働きたいものです。
そのため、時給で決める人が多くいると思います。
ここで気をつけてほしいのは、時給があがるということはそれだけ仕事量や責任がついてくるということです。そのため、あまり高い時給のアルバイトは何か理由があるということを想定して応募しましょう。

2、家からのアクセス
いくら条件が良くても、家からのアクセスが悪くては意味がありません。
そのため、家から通いやすいかどうかも考えてみましょう。
自宅から徒歩圏内でいけるバイト先は、アクセス面で考えると最も良いと言えますよね。その一方で、どうしても働きたい仕事がありそれをやるためには多少移動しなくてはいけないという場合には、バイトをするかどうかを検討してみましょう。もしかしたら、家の近くで同じようなバイトの募集があるかもしれません。

3、将来の仕事を視野に入れる
学生アルバイトには多くいるのではないでしょうか。例えばマスコミ関係で働きたいと考えている学生は、学生のうちからテレビ局等でバイトをすることが最も近道と言えるかもしれません。もちろん、あくまでバイトなので、
バイトしたから社会人1年目で他の人よりも良い扱いを受けるかといったらそうではありません。将来の仕事を知るために働いてみようという気持ちであれば問題ないと言えるでしょう。

まとめ

 
いかがでしたか。今回はざっくりとアルバイトを選ぶ基準を紹介してみましたが、これ以外にも選ぶ基準はたくさんあります。1人1人によって違うのです。
どの基準を大切において働くかを考えるのは、あなた次第です。
あなたにぴったりあった働き方を見つけてみてはいかがでしょうか。